バイオリン・アンサンブルの今回の依頼は、新しく出来た介護施設の内覧会での生演奏

ミントが、土の中から顔を出し始めました。
冬の間、地上の葉はすっかり枯れてしまうのに、ハ-ブってすごい!
この生命力だから、ハ-ブパワ-の歴史が続いているのでしょうね。



画像





さて、所属するバイオリン・アンサンブルが先日、市内の、ある介護施設からの出張演奏の依頼を受けました。
ただ、今回は利用者さんの前での演奏ではなく、新しく完成した介護施設の内覧会での生演奏。
一般の方や県や市や関係者の方など、お偉い方がたが内覧する場所での生演奏ですので、いつもとは違います。
5日前に、ご依頼を受けることになった私たち。
「私たちで、本当によろしいのでしょうか?」。。。。。「もしかしたら、後ろでテ-プでも流しておいたほうがよかったりして。。」などと、不安で、何度も確認。


でも、みな、新しい挑戦を選び、楽譜も数曲加わり、緊急練習で集り、本日の本番を迎えました。


しかし、このアンサンブルは、毎回、刺激的ですわ~。(笑)



お客様を、パ-テイ-会場でお迎えするときには、お得意の「カノン」でお迎え。

そのあと、サ-ビス付高齢者住宅のある階に移動し、サロンでの演奏。

いろいろな方が、私たちの優雅?なメロデイ-が流れている中、お部屋や洗面所、トイレ、ホ-ル、食堂などを、ゆったりとした気分で見学されています。

バイオリンの生演奏って、ちょっと、高級感がありますかね?



演奏をしながら、ちらっと、見学の方をみてみましたが、今の時代、このような施設に、老後の期待・興味があるのでしょうね。
みなさん、熱心な様子で見学をされていました。



移動中に、エレベ-タ-の中で偶然お会いしたご夫婦。

きっと、いろいろなところに、見学に行かれているのかもしれませんが、このようなお年寄りのためにも、介護施設は、安心、安全、心地良い場所であって欲しいですし、費用も、無理のない、入居までも、ぎりぎりまで、頑張らないですむようなシステムであってほしいものです。


そして、わたしたちは、約2時間近く、演奏を続けました。

はじめての経験でもあったので、やはり肩や腰やあごに、多少の疲労を覚えましたが、とてもよい経験、そして、こんな私たちでも、少しでもお役にたてられたことに、感謝をしております。

ありがとうございました。


アンサンブルのみなさんも、お疲れ様でした。

今日はよ~く、眠れそうです。



これ、施設のパンフと一緒に、オミヤゲにいただいた日本茶です。ありがとうございま~す。


画像




にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2013年04月23日 14:40
田舎なので、3/4の子供用のバイオリン、買いたいんだけど、そんなルートありますか? 分からなくて。ごめんなさい、無理しなくて良いですよ。
マダムえりこ
2013年04月23日 18:28
はなさんへ
バイオリンの購入は、お店で実際にご自分で弾いてみてきめるのが一番だと思いますが、最近は通販もありますよ。通販でも、なかなかよいものがあるそうです。

この記事へのトラックバック